ページ別閲覧数ランキング

胃ガン  正しい食事の摂り方を知りたい ⇒ 『早く治したい人の食事方法』
胃ガン  あなたの胃ガンのステージは? ⇒ 『ステージ1〜4の症状と治療方法』
胃ガン  自分で治すための2つのポイント ⇒ 『胃ガンの克服法』 

開腹手術

胃がん 開腹手術

 

開腹手術は、内視鏡手術や腹腔鏡手術といった方法を行わないときに、
行われる術式になります。

 

 

主な開腹手術は3つ

開腹手術は、主に次の3種類になります。

  • 幽門側胃切除術
  • 胃全摘術
  • 噴門側胃切除術

 

胃がん 開腹手術

 

幽門側胃切除術

この手術は、胃の出口周辺にガンができたときに行う術式で、
胃の3分の2を切除することになります。

 

そして、残りの3分の1の胃を十二指腸を吻合して再建します。
この方法は、術後の合併症も少なく、比較的リスクの少ない方法となります。
胃ガンの患者さんの大半は、
胃の出口周辺にガンができるケースが多いため、
この術式を採用するケースは増えています。

 

胃全摘術

この手術は、胃の全摘出する術式になります。
胃を摘出した後は、小腸を引き上げて食道と結合します。

 

噴門側胃切除術

胃の上部にガンを発見した場合、
3分の2を切除する術式
になります。

 

胃の上部を切除した後は、
食道と小腸を結合し、残りの胃と小腸を結合します。
しかし、胃の上部にガンができるケースは少ないため、この術式を行うケースは、
減っています。

 

 

その他の手術

拡大手術

その他、進行ガンでガンの範囲が広がり、
他の臓器にまで達しているときは、
拡大手術が行われます。
この場合、胃の全摘出だけでなく、
リンパ節や周囲の臓器まで切除することになります。

 

縮小手術

反対に、リンパ節への転移がなく、
ガンが小さい場合は縮小手術が行われます。

 

この場合、胃の機能を十分に残すことができ、
術後の生活も
負担が少なくなります。



 

 

データが示す食事内容の重要さ

胃ガン

同じ日本人でも、食文化の違う海外移住者の発ガン率は日本在住者の約4倍!


某ネット書店でランク1位の人気食事療法。本気で治すなら、まず食事から!

 

私も食事法でがんを克服する