ページ別閲覧数ランキング

胃ガン  正しい食事の摂り方を知りたい ⇒ 『早く治したい人の食事方法』
胃ガン  あなたの胃ガンのステージは? ⇒ 『ステージ1〜4の症状と治療方法』
胃ガン  自分で治すための2つのポイント ⇒ 『胃ガンの克服法』 

アルコール摂取について

胃がん アルコール

 

アルコールの摂取によって、

  • 口腔
  • 咽頭
  • 食道

といった上部消化管のガン発症率が高くなるのは、良く知られていますが、
胃ガンに関しても、お酒の摂取量と発ガン率には関わりがあります。

 

 

なかでも、胃の上部である噴門部の胃ガンについては、
お酒を摂取していない人に比べ、摂取している人の方が、
2倍から3倍のリスクがあることが、わかっています。

 

 

術後のアルコール摂取について

そして、胃ガンで手術を行った後、
特に禁煙や禁酒をしなければならない決まりは、とくにはありませんが、
ビールなどの発泡酒は、
術後での摂取はやめておく方が無難です。

 

これは、胃を切除したあとは、
炭酸でお腹が膨らむと食事に支障が出てくることや、
アルコールの吸収が術前より早くなることも考えられます。

 

 

また、胃を切除することで、
アルコールが小腸に流れ込むスピードが早くなることから、
酔いが回るのも早くなります。

 

こういった理由から、胃ガンの術後は、
できることならアルコールの摂取は避けることをお勧めします。

 

 

アルコールの量と種類

胃がん アルコール

 

あと、1日あたりのアルコール摂取量として、
60グラムを超す場合は、
お酒の種類を問わず、胃ガンのリスクを2倍に増加させます。

 

 

ちなみに、この60グラムの目安は、次のとおりです。

ビール 大瓶2〜3本
日本酒 2〜3合
ワイン ボトル1本

 

 

しかし、ワインや蒸留酒に関しては、
胃ガンのリスクには影響しないというデータがあります。
お酒の種類を限定しない人は、
こういったリスクの低いものを摂取すると良いでしょう。



 

 

データが示す食事内容の重要さ

胃ガン

同じ日本人でも、食文化の違う海外移住者の発ガン率は日本在住者の約4倍!


某ネット書店でランク1位の人気食事療法。本気で治すなら、まず食事から!

 

私も食事法でがんを克服する