ページ別閲覧数ランキング

胃ガン  正しい食事の摂り方を知りたい ⇒ 『早く治したい人の食事方法』
胃ガン  あなたの胃ガンのステージは? ⇒ 『ステージ1〜4の症状と治療方法』
胃ガン  自分で治すための2つのポイント ⇒ 『胃ガンの克服法』 

胃ガンの基礎知識

胃ガンになる原因や症状、生存率など、
胃ガンに関する基礎知識を身につけることができ、
さらに、病院や医師の選び方についても学べます。

 

胃ガンの基礎知識記事一覧

 

現在、日本では、新規の胃ガン患者数が年間11万人と、一番多いガンになっています。年齢別でみると、男女ともに60代が一番多く、次に50代、70代、40代と続きます。男女比でみると、男性の方が2倍の確率で発症しています。このように、胃ガンの患者自体は、年々増加傾向にあるにもかかわらず、死亡者数は減少していることから、早期発見や早期治療、また、治療法の選択肢が広がったことも、考えられます。胃ガンの概要胃...

 
 

胃ガンになる主な原因として、胃炎や胃潰瘍などの病気食生活喫煙アルコールピロリ菌などが考えられます。胃ガンの主な原因と対策胃炎や胃潰瘍が原因まず、胃炎や胃潰瘍などを患うことにより、胃壁の細胞にダメージを与えます。そして、胃炎や胃潰瘍は繰り返すことが多く、そうなることで、遺伝子自体に変化が起こり、ガンへのリスクを高めます。食生活が原因そして、食生活も大きく影響します。食生活の中でも、胃へのダメージを与...

 
 

胃ガンの症状は、初期であれば、ほとんど自覚がなく、発見されにくいのが実情です。また、胃ガン以外の胃潰瘍や胃炎で起こる症状と似通っていることも、胃ガンを発見するのが難しくなっている理由の1つです。そして、ある程度、胃の不調を感じ始めた時には、すでにかなり進行しているケースが考えられます。それを少しでも防ぎ、少しでも早く気がつけるように、下記の症状を感じた場合は、受診や検査をお勧めします。胃ガンの症状...

 
 

胃ガンは、早期発見でき、適切な治療を行うことができれば、他のガンに比べ、生存率の高さが見込めます。そして、胃ガンでの、生存率に影響を与えるのは、ガンの深さと、出来る場所に関係してきます。生存率に影響するもの胃壁は、胃の内側から粘膜粘膜筋板粘膜下層固有筋層漿膜下層(しょうまくかそう)漿膜(しょうまく)の6層からできています。粘膜下層より上であれば、早期ガンといわれ、固有筋層より深くなると、進行胃ガン...

 
 

ステージとは、ガンの進行度の分類で、検査結果をもとに、ステージ1〜4までの4段階に分けられます。ステージ別の症状と治療法ステージ1ステージ1は、早期ガンといわれる自覚症状がほとんどない状態です。この段階では、ガンが粘膜のなかにとどまっている状態で、転移がない人は、高周波電波でガンを切除することができます。また、研究段階ではありますが、胃に穴を開けない内視鏡治療を行うこともでき、患者さんの負担も少な...

 
 

胃ガンの検査方法には、X線内視鏡CT超音波MRIなどがあり、そのなかでも、X線検査内視鏡検査この2つが主な方法になります。そこで、これらの2つの検査の違いや、メリット・デメリットについてお伝えします。X線検査これは、二重造影法を用いており、1センチに満たない小さなガンでも発見できます。検査の流れを説明します。炭酸ガスをを発生する発泡剤を水で飲みます。胃を膨らませたのち、バリウムを胃に流し込みます。...

 
 

医療技術が日々進化している現代では、胃ガンになってからの病院の選択が、非常に重要になってきます。ガン治療に力を入れている病院では、最新の治療法を積極的に取り入れ、医療設備が整っており、最先端の治療も受けることができます。なかには、従来からのやり方をそのまま行っているところもあり、病院によって受けられる治療も異なってきます。そして、このような病院側の最新技術や、設備を取り入れるスピードの違いや、医師...

 
 

胃ガンになってしまったら、ガン治療の設備が整った病院で、実績のある名医に治療してもらうことが重要なポイントです。そこで、胃ガンの名医の見分け方や、治療方針などについてお話します。名医を見分けるポイント胃ガンの治療法は、内視鏡手術抗がん剤治療放射線などさまざまな治療法がありますが、主流は手術になります。そのため、胃ガンを克服するためには、手術の技術が優れた名医を探すことが、非常に重要な意味を持ちます...

 
 

胃ガンになる原因は、様々な要素が組み合わさっているため、これだとはっきりと限定できるものではありませんが、食生活の改善と生活習慣を変えることで、効果が期待できます。再発を避けるためには胃ガン患者さんの予後の食生活を調査したデータによると、以下の食品の摂取量が多い人は、再発率が低いという結果があります。野菜果物大豆製品このように、抗酸化作用や解毒作用のある食品は、胃ガンの予防につながり、再発率を下げ...

 
 

ガンの中でも、一部のガンは遺伝が関係していると考えられています。その代表的なものとして、子供の目にできる網膜芽細胞腫があります。そしてそれ以外にも、大腸ガン乳ガン甲状腺ガン前立腺ガン皮膚ガンなどは、遺伝の影響を受けるガンとして、認識されています。しかし、これらのガンは全体からみればほんの5%程度であって、その他は遺伝とは関係ないと考えられています。それより、ガン発症の主な原因は、後天的なものが大半...

 
 

スキルス性胃ガンは、比較的若い30代から40代の女性に、発症率が高くなっています。そして、このガンの恐ろしいところは、何といっても進行性の早さです。気がついたときには転移していることも珍しくなく、手遅れになる可能性が高くなります。その理由として、このスキルス性胃ガンは、胃の粘膜の内側を這うように進行し、初期の段階では、痛みなどの自覚症状もないため、発見しにくいことがあげられます。スキルス性胃ガンに...

 
 

胃ガンは、患者数が多いガンでありながら、その一方で完治している方もたくさんいらっしゃいます。完治するためのポイントこの胃ガンを完治できるかどうかの分かれ目は、早期発見できるかにかかっています。ですから、少しでも完治できる可能性を高めるためには、胃ガンを初期の段階で見つけることです。そのためには、定期的にX線検査や内視鏡検査などを受けるなど、検査を行うことです。この方法で、胃ガンで手遅れになるのを防...

 
 

胃ガンを定期健診などで早期に発見でき、治療に成功したとしても、再発の不安はぬぐいきれませんよね。そこで、胃ガンを克服するために必要な事柄のなかで、お勧めのものをお伝えします。自分でできる胃ガンを克服するためのコツ自分でできる胃ガン克服法として大事なのは、食生活の改善 ストレス対策です。うまく、体の免疫力をあげることができれば、下手な病院の治療よりも、よっぽど効果があると思います。食生活の改善食事は...

 

データが示す食事内容の重要さ

胃ガン

同じ日本人でも、食文化の違う海外移住者の発ガン率は日本在住者の約4倍!


某ネット書店でランク1位の人気食事療法。本気で治すなら、まず食事から!

 

私も食事法でがんを克服する