検査

MENU

ページ別閲覧数ランキング

胃ガン  正しい食事の摂り方を知りたい ⇒ 『早く治したい人の食事方法』
胃ガン  あなたの胃ガンのステージは? ⇒ 『ステージ1〜4の症状と治療方法』
胃ガン  自分で治すための2つのポイント ⇒ 『胃ガンの克服法』 

検査

胃がん 検査

 

胃ガンの検査方法には、

  • X線
  • 内視鏡
  • CT
  • 超音波
  • MRI

などがあり、そのなかでも、

  • X線検査
  • 内視鏡検査

この2つが主な方法になります。

 

そこで、これらの2つの検査の違いや、
メリット・デメリットについてお伝えします。

 

 

X線検査

胃がん 検査

 

これは、二重造影法を用いており、
1センチに満たない小さなガンでも
発見できます。

 

検査の流れを説明します。

 

炭酸ガスをを発生する発泡剤を水で飲みます。

胃を膨らませたのち、バリウムを胃に流し込みます。

動くベッドのような機械に乗ります。

身体を回転させたり、さまざまな方向に固定して撮影します。

検査終了後は、下剤を服用してバリウムを体外に出します。

 

時間は10分から15分程度で終わります。

 

 

内視鏡検査

胃がん 検査

 

これは、電子スコープで胃の粘膜内を観察し、異常を調べます。
X線で発見できない小さなガンも見逃さないので、早期発見に役立ちます。

 

検査方法は、口か鼻のどちらかからカメラを入れ、
胃の状態を調べることになります。

 

鼻から入れるカメラができたことにより、
この方法での苦痛感は減少していますが、
まだまだ苦手な方もたくさんいらっしゃいます。

 

 

あとは、CTや超音波、MRIを使用した方法がありますが、
これは胃ガンとその周辺の臓器の様子を調べるときや、
転移を調べる場合に使用されます。

 

胃ガンを発見するための初期の段階では、
主にX線か内視鏡になります。



 

 

データが示す食事内容の重要さ

胃ガン

同じ日本人でも、食文化の違う海外移住者の発ガン率は日本在住者の約4倍!


某ネット書店でランク1位の人気食事療法。本気で治すなら、まず食事から!

 

私も食事法でがんを克服する